KABAちゃん純金の糸9mで肌にハリ 若返り整形 私の何がイケないの?

スポンサードリンク

カバちゃんと言えば、美を追求するオネエの一人ですね。そのカバちゃんが、純金の糸を9mも埋め込む若返り整形をしたようです。

肌は、年齢とともにハリが失われていきます。これは、老化によるコラーゲンとエラスチンの減少と言われています。ハリがなくなることで、しわやたるみがどんどん加速しますよね(´;ω;`)

金の糸整形

たるみが酷い人は、耳のそばの目立たたないところを切開し、たるんだ部分を引き上げ縫合する手術が一般的でしたが、それに代わってメスを使わないケーブルリフトが増えてきました。

ところが、最近は切らずに吊らずに、肌のハリが出ると話題の「金の糸美容術」なるものが出てきました。

金の糸を肌の下に通すと、約1ヵ月後にはその周辺にコラーゲンや、エラスチンなどが増殖し、肌にハリが生まれると言います。

コラーゲンやエラスチンなどが増殖すると、新しい毛細血管が生まれ、細胞が活性化し、組織や細胞の新陳代謝の促進効果があるとされています。

スポンサードリンク:

肌の状態は個人差や年齢にもよりますが、10歳~15歳は若返ると言われ、その効果は、10年~15年継続すると言われています。

施術後は、純金の糸を差し込んだ部分に1~2ミリ程度の針穴で済むので、フェイスリフト施術に比べ、ダウンタイムの時期は短く、術後すぐは赤い小さな点状の傷が残りますが、数日で消えるそうです。

この金の糸は、顔に限らず、胸やお尻など全身に入れられるため、全身の若返りも可能だそうです。

若返り整形の中でも、金の糸美容術が注目されるのが分かりますね。

KABAちゃんが手術した病院は、友利新先生も勤務する表参道スキンクリニック。9mもの金の糸を顔と首に通して、そのお値段136万円でした。

良いことずくめのような金の糸ですが、注意したい点もあります。人によっては、肌への雑菌の侵入で肌がボロボロになる可能性があるそうです。

また、顔に純金を埋め込んだら、頭部のMRI検査が受けられなくなります。MRIは、金属に反応すると機器が壊れてしまうからです。

歳を取って、脳に問題が出て、MRIの検査が受けられなかったら、やらなければ良かった・・・と後悔する可能性もありますね。

スポンサードリンク:

若返り整形も、医学の進歩とともにどんどん新しい手法が現れます。後遺症やその後の問題点など、よく調べてから臨むことをオススメします。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ