ガサガサのかかと 足裏の角質ケア はなまるマーケット

スポンサードリンク

サンダルの季節になりましたね。サンダルと言えば、生脚。足の露出が多くなるこの時期、ガサガサのかかとでは、とても美脚とは言えません。

素足になるこの季節、もっとも気になる悩みは、かかとのかさつきが54.3%と1位です。その後、臭い(9.5%)、
タコ・ウオノメ(9.2%)と続きます。圧倒的に「かかとのかさつき」が一番の悩みですね。

生脚をきれいに見せるには、やっぱりかかとのケアが必須。しかし、中高年ともなると、かかとがガサガサだったり、ひび割れている人も多いのでは。

中高年以降、足のかかとに角質が溜まりやすいのは、血行不良・代謝の低下が原因だと言われています。

そんなガサガサかかとを、キレイなツルツルかかとにする方法をはなまるマーケットで紹介していました。

入浴後に、足裏の水分をよくふき取り、清潔な状態で始めるのがおススメです。お風呂上りは、肌も柔らかくなり、ケアがしやすくなります。角質専用ヤスリで、一方方向に動かし、余分な角質を取り除きます。

ヤスリは、1週間~10日置きが目安です。ヤスリをかけた後は、必ず保湿ケアをします。保湿は、ヤスリのケアをしない日も毎日行うのがポイントです。

かかとの角質ケアの他、外反母趾、内反母趾、タコやウオノメなど足の悩みを本格的に治療をしたい方は、フットケア専門外来があります。

スポンサードリンク:

はなまるマーケットで紹介されていた病院は、東京医科歯科大学医学部附属病院(TEL:03-3813-6111)。

皮膚科にフットケア外来がありますので、訪ねてみるとよいですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ