日焼けやワキ汗に効果バツグン紅茶風呂の作り方 人生の正解TV

スポンサードリンク

夏本番になると強烈な日差しが、照りつけますね。

ホントに、年々確実に暑くなっていますよね。私たちの子供の頃は、30℃オーバーが何日あったかでしたが、今では30℃は当たり前、35℃以上が何日あったかになってしまいました。

ちなみに2013年の最高気温は、大阪府豊中で37.9℃だそうです。

ただでさえ弱り切った私たちの肌は、いくらUV防御してもやっぱり日焼けしてしまいます。また、ワキ汗やニオイも気になりますよね~。

そんな夏場対策としておすすめなのが、手軽でカンタンにできる紅茶風呂です。

huro_R

紅茶に含まれるタンニンという成分には、炎症を鎮める働きがあり日焼けによる炎症を抑えたり、汗やニオイを抑えてくれます。

●紅茶風呂の作り方
・ぬるめのお風呂に紅茶のティーバッグ を2~3個入れます。

用意はこれだけ。紅茶パックから、タンニンが解け出し日焼けでほてった皮膚の炎症を、やわらかく鎮めてくれます。紅茶は使った後のものでも大丈夫。

使った終わった後の紅茶ティーバッグを利用して、顔や背中、腕などにパッティングしても効果あるそうです。

こうすることで、ちょっと日焼けをすると、ピリピリしてお風呂に入れない方でも、安心してお風呂にはいることができるそうです。

注意点として、タンニンの色素が浴槽についたり、浴槽を痛めてしまうことがあるので、入り終わったら早めにお湯をぬいてお掃除してくださいね。

スポンサードリンク:

人生正解TVで紹介していた内容は・・・

●すぐにできるわき汗対策は、どっち?
A:両手を重ねる
B:両手をグーにする

これはBの両手をグーにするでした。

暑いと心が緊張してしまい、ワキ汗を増やしてしまいます。手の中心には、労宮(ろうきゅう)と呼ばれる精神をリラックスさせるためにツボがあります。

両手をグーにすると、指先が手のひらの中心にあたりこのツボを圧迫するため、指圧と同じ同じ効果が得られます。結果、リラックスすることで、わき汗を抑えられるそうです。

労宮のリラックス効果、わき汗だけでなく、いろんな場面で使えそうですね。

●日焼けによる痛みを抑えられるのは、どっち?
A:紅茶のティーバックの湿布を肌にはる
B:グレープフレーツの湿布を肌にはる

これは、前述した説明通りのタンニン効果ですからAの紅茶による湿布ですね。貼った瞬間、日焼けによる痛みや赤みをすーっと下げてくれるそうです。

スポンサードリンク:

今年の夏、焼きすぎてしまったと思ったときは、すぐに紅茶を思い出してくださいね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ