驚異の67歳 歌手金井克子さんの若さの秘訣 爆報THEフライデー

スポンサードリンク

昔から抜群のプロポーションの金井克子さん。今もそのプロポーションをキープしているというから驚きです。

現在の金井さんのプロポーションは、B86cm W61cm H91cmでなんと、長澤まさみさんとほぼ同じそうです。

その秘訣は、デビュー以来50年間、毎日欠かさないジャズダンスと「卵白パクパク食事法」だそうです。ゆでたまごの白いところだけを、毎日2つ、多いときで4つ食べるそうです。

栄養学からいうと、ゆでたまごの卵白には、筋肉量を増やすタンパク質とオボムチンという成分が含まれており、オボムチンは免疫力をあげ、美肌効果もあるそうです。

さらに卵白はとってもヘルシーでローカロリーですからトップアスリートの愛好者も多いそうです。

そういえば、板東英二さんもゆで卵いっぱい食べてましたね。(^^;)

もう一つ金井さんが実践しているのは、ローカーボダイエット。食事は1日2食、脂肪がつきやすいと言われる炭水化物の摂取を抑え筋肉の元となるタンパク質中心の生活にすることです。

スポンサードリンク:

この食事法、ブラッド・ビットやジュリア・ロバーツなどのハリウッドスターも実践しているそうですよ。

ローカーボダイエットは、タンパク質を多く取ることで筋肉量を増やし、基礎代謝を上げ太りにくく痩せやすい体をつくることができるそうです。

金井さんの朝食は、ヨーグルトに牛乳・フルーツ夜は、肉や魚中心の主菜に野菜などの副菜のみで炭水化物は取らない生活だそうです。これを20年続けているとか・・。

さらに、若さを保つ秘訣は、やっぱり若者文化に触れることだといいます。そうして、今ヒップホップを楽しんでいるそうですよ。

スポンサードリンク:

この生活、はじめるには相当な勇気が必要ですよね~。でも、炭水化物を抑える食事は、いろいろなところで紹介されており、これからとりあえずスタートでしょうか。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ