薄毛で悩む細川ふみえさん Lロイテリ菌錠剤で腸内改善とストレス改善法

スポンサードリンク

薄毛で悩む女性は、年々増える傾向にあります。女性の場合は、ホルモンバランスの崩れやストレスなどの影響で薄毛になる人多いです。

特に、年齢を重ねると、てっぺんにボリュームが無くなります。だから、ウィッグが必要になっちゃうんですよね。

細川ふみえ 薄毛

そんな女性の薄毛ですが、細川ふみえさんも薄毛の危機にあるそうです。そんな細川さんの薄毛の危機から脱却した方法が、腸内環境を整えることとストレスを解消すること。

腸や髪は、精神的なダメージを受けやすいところで、強いストレスを感じると、下痢をしたり、円形脱毛症になったりします。

最近、腸内環境を整えると、色々な病気が改善し、お肌もプルプルになるとか言われ「腸内フローラ」が大流行。だれもが、腸美人を目指して、ひたすら善玉菌を増やす努力をしていますよね。

スポンサードリンク:

先日のある番組で、善玉菌を増やすのは、「大根おろしヨーグルト」が良いと言うことで、私も、ヨーグルトに大根おろしと蜂蜜を入れてせっせと食べています。

これらの食品が善玉菌のエサになるんだとか。これで、私も腸美人(笑

細川さんも、腸美人になることで、薄毛も解消したのでしょうか? その秘密が、水トク「激変バックエイジング」で紹介されました。

薄毛のためにLロイテリ菌錠剤で腸内環境を整える

細川さんの人生は山あり谷あり。離婚し、シングルマザーとして頑張ってきました。子どものために家計をやりくりし、ストレスもたまることがあると言います。

話しているうちに涙がポロポロ落ちるほど、自分では気づかないうちに重圧を感じていたのかもしれませんね。

P.R.

そんな辛い思いが、ストレスになって薄毛の危機に直面していた細川さん。

脳波チェックでは、β波と言う緊張気味の脳波が出ているそうです。また、ストレスから歯ぎしりを起こり、今のままでは奥歯が相当すり減ってしまうと言われてしまいました。

腸の検査では、血管が緊張してうっ血を起こし、ストレスで腸が腫れて炎症を起こしていました。ガスも溜まり、押すと痛みがありました。

そこで、細川さんを担当した医師は、腸内環境を整えるために、l.ロイテリ菌(エルロイテル菌)と言う腸内細菌に注目。

l.ロイテリ菌(エルロイテル菌)は、人の母乳に由来する乳酸菌の1つで、活きたまま消化管にとどまり、腸の働きを助けると言います。

細川さんの腸内環境を整える為に「Lロイテリ菌錠剤」を飲むことに。

また、紙には天然エキス配合の育毛剤で頭皮をマッサージ。赤色LEDと言う機器を使ってさらに育毛剤を浸透させていきます。

これを続けることで、細川さんは、腸内環境はとても良い状態になり、ストレスもだいぶ減ったと言います。

薄毛のチェックでも、かなり良い状態になりつつあると言います。

スポンサードリンク:

腸内環境を整え、ストレスを減らすことで、薄毛の危機から脱出も可能なようですね。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ