クセでわかる人の心理と性格 握りこぶしは脳の老化サイン ホンマでっか!?TV

スポンサードリンク

自分のクセって、自分では気が付かないけど、他人から見るとしっかり見えるんですよね。

何かの番組で、タレントとスタッフの打ち合わせの様子を録画し、クセを指摘し本人が驚くコーナーがありました。

タレントが短い間に何回も繰り返すのを見て、なるほどと思いながら、実際、自分はどんなクセを持っているんだろう、と考えさせられました。

kuse_R

今回は、そのクセに関する新常識です。知らないうちに、ある動作を繰り返す人には、共通した兆候があるそうです。

クセでわかる人の心理と性格

●テーブルにひじや頬杖をつくクセは老化のサイン
→背中の筋肉が弱くなって支えられなくなるとひじをつきます。

●独り身で寂しい女性は頬杖をつきやすい
→精神的に弱っている証拠。女性は落ちやすいそうです。

●カップル、夫婦は惚れている方が相手の食べる、歩く速さに合わせる

●常に同じ行動をすると脳は落ち着きやすい
→クセは脳を安定させる作用がある

●握りこぶしを頻繁にするは脳の老化のサイン
→握りこぶしをすると記憶力があがる。下がっていると無意識にこぶしを握る

スポンサードリンク:

●両手をよく使うクセの人は、ダイエットに成功している
→脳にバランスよく負荷がかからず素直にダイエットできる

●最近発見された噛み続けクセに注意
→歯と歯が触れると離れるようになっているのが、唇を閉じても歯を噛み続けるクセが2000年に発見された

●噛み続けクセは、頭痛、肩コリ、耳鳴り、めまいが発生しやすい
→パソコンをしている人が多いそうです。
→このクセを治すには「歯を離せ」と紙に書き周囲に貼る

●歴史的に社会的地位の高い人に女装癖が多い
→徳川家光、元FBI長官フーバーも女装癖。
→女装して脳のバランスをとっている。

●考えを表に出さないと無意識のクセがでる
→クセを見破れは、有利に導ける。

●女装すると開放感が得られる

●つばを飲み込むクセがあると、頭痛、腹痛、
食欲不振になる
→空気といっしょに飲み込んでしまい、胃の中に空気がたまってしまう。

●「要は、逆に」などの口癖が減ると関係が深い証拠

●口癖の出る関係は本気でしゃべろうとしていない

●身振りが大きい教師だと生徒の成績がよくなる

●オーバーリアクションすると脳が活性化する

●失敗した時の考え方のクセは子供の時に決まる
→努力が足りなかった→行動する
→才能がないんだな→行動しない

●失敗の原因を常に努力と思うとうつになる事もある

スポンサードリンク:

友達と話しているのをスマホの動画で撮って後でチェックすると、自分のクセがよくわかりますよ(^^)。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ