速く走れる靴 かけっこで直線が速くなったり健康になったり マサカメTV

スポンサードリンク

かけっこで直線が速くなるという靴があります。これは、おばあさんの靴からヒントを得て開発されたそうです。

高齢者の女性は、歩くときに疲れやすいと言う特徴があり、それを解消するために、靴底にゴムを入れている靴があります。ゴムがあると歩くときに反動がつき、疲れにくくなります。

このゴムを子供の靴に応用すると、1歩あたり1.5センチ歩幅が伸びて、直線で走るのが速くなるそうです。

靴の裏が特徴です。靴の裏には、ピンクのゴムがついていて、高齢者用の靴底のゴムより強度が強くなっています。

コーナーでも速度が落ちることがなく、かけっこが速くなる「瞬足」と言う靴も小学生の間で大人気ですね。

shunsoku

日本の小学校の校庭は狭く、直線距離よりトラックでの競技が多くなります。運動会の花形、高学年のリレーともなると、いかにスピードを下げないで、コーナーを回れるかが勝負でした。

トラックを走ると言うことは、必然的に左回りになるわけですから、左回りのコーナーを上手く回れる靴が「瞬足」なのです。

瞬足は、一番テンションのかかるところにスパイクを置いて、転びやすいコーナーでも安心し踏み込んで駆け抜けられるようになっています。

他にも、靴底の左右にも滑り止めがついていてドッジボールに最適な靴や、サッカーに適した靴もあるそうです。

スポンサードリンク:

また、マサカメTVでは、ハイヒールばかり履く女性の足の変形について、要注意な情報を紹介してくれました。

ハイヒール履く女性の足の変形を軽減する中敷き

かかとの高い靴ばかり履いていると、外反母趾や内反母趾になりやすくなります。そうなると痛くて歩けなくなったりと支障をきたします。

外反母趾になると足先が変形し、靴が合わなくなります。普通の靴を履いていると、ますます足先が変形し、痛みが増します。そこで、外反母趾を改善するための靴があります。

一見普通の靴と変わりありませんが、中敷きの形が変わっています。親指の下が凹んでいるのがポイントです。

外反母趾の人は、親指側が痛いために小指側に体重をかけて歩いてしまいます。そうすると、小指以外の他の指が使われなくなり、筋力が衰えることで、足先はますます変形します。

この中敷きは、親指の下がへこんでいることで、親指にかかる圧力を減らし痛みが軽減すると言います。

この中敷きを使用すると、小指以外の指をしっかり使って歩くことができるので筋力が付き、変形が改善されるそうです。

スポンサードリンク:

マサカメTVでは、この靴を2年間使用して外反母趾が改善した女性が紹介されました。この靴を履いて、半年ほどで痛みがなくなったそうです。


関連記事
サブコンテンツ

このページの先頭へ